バーチャル透析室

透析ルーム

血液透析のしくみ(全体像)

血液透析のしくみ

透析液をつくる

透析液をつくる

透析液清浄化の取組み

開業以来、私どもは、患者様に、心のこもった、きれいな透析液を提供する努力を重ねてきました。
H20年の新医院の透析液作成システムでは、私(院長)の想いとメーカー(JMS社)の最新技術を一体化させました。

特徴1 特別に透析液調剤室を作り、クリーンルーム用空気清浄機を設置した。
特徴2 透析用水を作成するRO装置の安全消毒ができる。
特徴3 透析液清浄化に最適な透析配管設計と消毒の徹底。

清浄化レベルは、透析液をつくるおおもとの透析用水(RO水)において、生菌培養が0.01CFU/ml以下、ET活性が感度以下のレベルを安定して維持しています。

透析液をつくる

測定限界を超えた生菌培養10-6乗以下の透析液を保証できる理由
1)透析液調剤室のクリーンルーム
2)生菌培養0.01CFU/ml以下のRO水
3)三重のフィルター

透析液をつくる

きれいな透析液の効果は、学会などで多数報告されています。

効果1 全身の炎症を軽減する。
効果2 透析特有の皮膚の黒ずみを予防し、かゆみを減らす。
効果3 長期間の腎不全で起こる透析アミロイドを予防する。

当院の患者さんは透析開始後10年経っても
1) 皮膚の色が黒ずんでいません(美肌効果?)。
2) 透析アミロイドの新規発症がありません。

透析療法は、毎日の命を支える治療です。
私どもは、心のこもった、きれいな透析液を提供いたします。

門司港腎クリニック

〒801-0852
福岡県北九州市門司区港町1番20号
TEL 093-322-3551
FAX 093-322-3550

Copyright© 2013 門司港腎クリニック All Rights Reserved.